タイトル

路線バスに乗ろう♪

路線バスの運行経路について

路線バスは通常運行ルートが決められており、これにそった経路を通って行くのが普通です。運行ルートは平日と祝祭日といった国民的な休みで変わることがあります。平日のルートでは通勤や通学、通院といった用途で使いやすい運行計画が組まれています。逆に休日では買い物やレジャーで行きやすい場所の運行が強化されているので、これによって利用者は目的や日時に合わせて利用することが可能です。さらに運行ルートについては、利用の頻度やニーズに合わせて本数が増減したり廃止になったりすることがあります。あまりに利用者が少ない地域では採算が取れない問題があるため、巡回ルートから外れたり路線バスそのものが無くなってしまうこともあるので注意が必要です。運航するバス停により支払う料金は違っているため、乗車チケットをとったりバスの運転席側にある電光掲示板をみて料金を確認することが必要です。地域によってはICカードを導入して支払いの負担を軽減しているところもありますが、まだ導入されていない地域もありその場合は乗車前に確認が必要です。

路線バス特有の経路がもたらす利便性とは

街中を通る路線バスは、鉄道の網羅し切れない範囲をカバーする極めて重要な公共交通機関となっています。その経路は線路に沿ってしか走れない鉄道路線よりもはるかに複雑かつ数が多くなっています。例えば、自宅から程なく歩いてアクセス出来る幹線道路ならかならずバス停が存在し、乗車出来る程です。ただ路線バスと言えども大型の車両を使用しますから、物理的に進入不可能な道路も存在する事は確かです。例えば崖地を造成した住宅街に掛かる急坂はバスが登るにはあまりにも急で危険であり、その上に暮らす人々は、バス乗車時にわざわざ急坂を降りて、その下のバス停に向かわねばならないケースも存在します。いずれにせよ、こうした特別なケースを除き、自宅からかなり身近な場所にまでアクセスしてきてくれる路線バスの存在は、通勤・通学者にとって大変有難い存在なのです。また最近次々登場しているニュータウン内のバス路線は極めて整然としており、初めてその地に入居した人であっても楽に利用が出来ます。最寄駅周辺エリアの利便性と共に、ニュータウン全体を循環する動脈として、優れた交通利便性を発揮しているのです。

Valuable information

Last update:2017/4/20

『路線バス 経路』 最新ツイート

@kazusaKO3710

【小湊バスの一般人には早すぎる系統シリーズ①】 里03.04(市原鶴舞BT〜里見駅) ・近隣の学校の利用状況に合わせ運行形態を変えまくってるので、実際の細かい経路は児童と保護者くらいしか知らない ・もちろん路線図にも変更は反映され… https://t.co/km8MOn0WAh

6時間前 - 2017年10月17日


@t346fire

そして渋谷109前でDDTバス発見!巡業じゃないし、路線バスの経路でもない。何故この時間に渋谷のど真ん中でDDTバスが走ってるのか謎(笑)。 #ddtpro #グレース観光 https://t.co/dVDgKkKDMm

8時間前 - 2017年10月17日


@courton_ton

札幌駅からサッポロファクトリーまでのバス移動経路についてのご紹介。 札幌駅からだとバスが一番早くて楽で安い(指定路線のみ、現金精算限定だけど100円で移動できる)ので個人的におすすめ。 紹介しているのは乗り間違えがなく、本数も多い… https://t.co/QNzuNbrsuo

1日前 - 2017年10月16日


Copyright 2015 路線バスに乗ろう♪ All Right Reserverd.