タイトル

路線バスに乗ろう♪

観光旅行での路線バスの活用と魅力

観光旅行の際に通常最も安く移動できる交通手段が路線バスになります。その上、そこに住む人々と同じ目線で景色をゆっくりと楽しめますから、時間に余裕がある場合には乗車自体を楽しむ余裕も生まれます。国内のみならず、海外でもこの概念は同様です。海外旅行先が先進国で治安にさえ大きな問題がなければ、路線バスの乗車も思い出の一つとなります。ただし、海外の路線バスは日本のように車内での両替はもちろん、お釣りをもらえないことがルールになっているところがほとんどですから、乗車前には宿泊ホテルのコンシェルジュや観光案内所などで運賃を確認し、小銭の用意をしておく必要もあります。何度か乗車する場合には、案外電子マネーが普及している国、地域もありますから、電子マネーを購入して乗車すると便利です。電子マネーはコンビニなどで売られていて、使い方は基本的に日本の電子マネーと同様で、旅行終了前に所定の場所で残金を払い戻しをすることもできます。

観光は路線バスを利用して地域密着型で

路線バスを観光目的の一つとして利用する人は少数派だと言えます。大きな荷物を抱えたままのバスの移動は不的確であり、多くの人が乗り入れするバスは、疲れてしまう可能性もあるためです。多くの重たい荷物を抱えている場合は、宿泊先に一時的に置いておく、貸し切りのロッカーや倉庫などを利用して、荷物を減らしてから移動する事も可能です。路線バスは観光資源として利用できる物であり、地域にあるバスに乗車する事によって、普段の生活では見れない一面を楽しむ事ができます。例えば、バスの中にある広告はもちろんの事、運転手の話し方、地域の人達の姿など、それは同じ日本にいながら異国にいる様な内容になる事もあります。全ての移動を路線バスで移動する事は、時間を要する物であるため、遊園地にあるアトラクションの様な物と考え、一時的に観光目的として楽しむ事がポイントです。利用をする区間は、始発される停留所が望ましく、座って移動ができる事と、記念写真を撮影するために最適と言えます。

recommend

2017/4/20 更新

『路線バス 観光』 最新ツイート

@kiyop_yagusa

使いやすいシェアサイクルにしろシェアバイクにろ普及すれば地方公共交通(路線バス)はますます苦境に陥るでしょうね。観光循環バスのように一応は観光客目線でサービスが構築しているようなものはまだしも。値段・路線・ダイヤ・バス停位置色々分かりづらく運転手に聞けば嫌な顔されと

38分前 - 2017年10月17日


@toroxtupiibot

茨城観光自動車 2002年まで存在した茨城県の土浦・牛久付近をテリトリーとしていたバス事業者。末期に、バブル期の子会社の負債や赤字路線の増加により経営陣が夜逃げした伝説を持つ。 その結果、会社としての機能を喪失し、廃止までの間は労働組合による自主運行となっていた

4時間前 - 2017年10月17日


@yukikaze1051

@KinoKig まぁ観光バスをここまで追い求める人も少ないはずw みんな路線派だもんw https://t.co/S5ZT1eTuXd

4時間前 - 2017年10月17日


Copyright 2015 路線バスに乗ろう♪ All Right Reserverd.